First Experience


名古屋で初めて賃貸ガレージハウスを建設

2009年当初、まだ名古屋では「賃貸ガレージハウス」という言葉を耳にしないころ、

名古屋市名東区で青空駐車場だった約100坪ほどの土地の不動産投資を検討する案件を始動。

駅からは徒歩30分、好立地と言うには程遠い立地条件のこの土地でどんな賃貸物件を建設するのが良いのか、土地活用・投資効率・収益の安定性を考慮するならば決して簡単ではない難しい案件に頭を悩ませていた私に共に不動産業界で仕事をしている兄から助言を受けました。

「東京では最近、賃貸ガレージハウスという物件が注目されているらしい」

 

少年のころからクルマが好きだった私はそれがどんな物件なのか定かなイメージは湧かずとも興味を持ち、東京にしかないなら東京まで見に行こうということで東京で賃貸ガレージハウス企画を展開している業者に話をもちかけ実際に見に行きました。

そこで初めて見た賃貸ガレージハウス。賃貸なのに自分のガレージ空間で各々のガレージライフを満喫する入居者の方々と直接お話を伺うこともでき、名古屋へ帰路につくころには「賃貸ガレージハウスを建てよう」と決心していました。

 

2009年10月着工、2010年4月に完成してから5年以上満室が続いており、満室となってからも空室予定がないかなどのお問合せを頂いております。郊外なのに建築投資に対する収益率は10%を大幅に超えていて、非常に多くの不動産投資家の方々にも現地をご覧いただき高評価を頂けました。

現在では当社オフィスとして1部屋を借り上げ、オフィス兼モデルルームとしておりますので不動産投資・活用をご検討中でガレージハウスが気になるという方は当社へお問合せください。

私が過去にそうしたように、なによりも実物を見ることが一番。

 モデルルームを見て頂きながら他の成功事例もお話しさせて頂きます。